妊娠・出産

1人目出産|逆子がなおらず初の予定帝王切開へ!体験レポブログ1

帝王切開レポ

みなさんこんにちは!

女の子と男の子の子育て真っ只中の現役ママの「まいたろん」です。

数年前長女を予定帝王切開にて出産しました。

私が出産を行った病院では10人に1人の妊婦さんが(予定・緊急含め)帝王切開での出産だったので、誰にでも当てはまる可能性はあります。 既に予定帝王切開での出産が決まっている方の参考になればと思い私の体験談をレポートさせていただきます。

事の発端は「逆子」と診断されてから

逆子で帝王切開

とある数週、検診に行くと「赤ちゃんの頭が上を向いているね〜」と言われました(笑)

「我が子が!」というのが感想です(笑)

そこの病院の先生は強く逆子を直すことを勧めませんでした。

「無理のない程度に逆子体操をしてね」という軽い感じでした。

(私の勝手な見解で)戻るときは戻る、逆子になるときはなる!という感覚だったので、「100%逆子を直さなくては!」という意識はありませんでした。

ここで初めて「帝王切開の可能性もあるかも?」と頭をよぎりました。

逆子→直った→また逆子に

あまり逆子を直す努力をしませんでしたが、次の検診時には逆子が直っていました!

「戻るときは戻るんだな〜」と、また何事もなく日々を過ごしていました。

しばらくして、里帰り出産を予定していたので里帰り先の病院を受診しました。

そこで再度「逆子になってるね!」と言われました(笑)

「この子はそんなに頭を上にしたいのか!可愛い子だな〜!」と思いました。

34週もとっくに超えていたので、ここで初めて「予定帝王切開」での出産を前提に話が進んでいきました。

「自然分娩が怖い」という恐怖心が心の奥底にあった

自然分娩が怖い

妊娠してから、最も身近な出産の先輩といえば「自分の母親」ですよね。

私を妊娠してからのことや出産の話を聞いたことがあるのですが、話の前後はいろいろあるものの

「あまりにも出産がハードで、おそらく産んだ後気絶して気付いたらベッドにいた」

出産とは関係ないですが、産後も体調が悪く「体重が10kg落ちた」と・・

私は単純に「出産って怖い・・陣痛は私に耐えられるのか?」という恐怖を持ちました。

なので、出産数週が近づくにつれ、未知なる陣痛や自然分娩への無限の恐怖心がありました。

正直「逆子がなおらないかも」と聞いてホッとしてしまう自分がいたのです。

手術に向け検査や麻酔の話を聞く

どういった手術でどういった麻酔を受けるのか。

麻酔に関してなどのリスクの話を聞きます。

(↑調べれば調べる程余計な知識がつくので、先生を信頼して言うことを聞くのみです)

入院準備を始める

入院で必要なものは各病院で指定されていると思います。

それとは別に授乳パジャマやペットボトル用のストロー付きキャップなど用意しました。


手術予定日の前日から入院

手術にあたって食事制限などがあるので前日入院となります。

総合病院の一般病室だったので4人部屋で私以外の3人の方は既に出産を終えられ「ママ」になりたての方ばかりでした。

母子同室を推奨する病院だったので赤ちゃんもいます。

常に誰かの赤ちゃんが泣いている状態で「これから始まるんだな」と思いながら過ごしました。

最後の検診と手術準備

明日手術を迎えるにあたって最後の検診がありました。

案の定赤ちゃんは上を向いたまま(笑)

私の恐怖心が伝わって赤ちゃんが上を向いていてくれたのかな?と思うことにしました。

そして、女性看護師による「剃毛」!

手術をする際に邪魔になるので、あらゆる部分を剃毛されました・・それも恐怖でした・・(笑)

(2人目の出産の時には、妊婦さんの不快感を少しでも減らすため、手術室で麻酔後に剃毛されるよう改善されていました!)

一人の時間は最後だと噛み締めながら睡眠

検診終了後は安静にして寝るのみです。

渡された下剤を服用して眠りにつこうとしましたが、そわそわして眠りが浅く、何度も目を覚ましました。

手術当日の朝を迎える

昨晩から絶食指示があったのですが、早朝から絶飲も始まりました。

なんだか心が落ち着かないそわそわ感で口の中はカラッカラでした(笑)

そんな空腹と喉がカラカラの状態でお昼を迎えます。

看護師さんが来て手術準備を始める

手術サポート担当の看護師さんが来られ、いよいよ感が増しました。

手術当日は家族が同室できたので私の主人と両親が来ていました。

弾性ストッキングを履き→最後のお手洗いを済ませ→紙パンツを装着し→手術着に着替える・・

そして後はお呼びがかかるのを待つのみです。

いざ出発!手術台まで自分で向かう!

帝王切開手術のため手術室へ

看護師さんと見守りに来た家族と一緒に歩いて手術室まで向かいました。

手術室を前に家族と別れ、いよいよです・・

初めての手術フロアの雰囲気とついに赤ちゃんが産まれるんだな!という状況に緊張感が高まりました。

詳しくは「1人目出産|逆子がなおらず初の予定帝王切開へ!体験レポブログ2」にまとめておりますので、よろしければご覧くださいませ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Pick Up!

-妊娠・出産
-,

© 2020 Maitaronote(まいたろノート)